端午の節句 鎌倉時代から「菖蒲」が「尚武」に通じることから、男児の成長と武運を祈願する祭礼となった。

名言集

端午の節句 鎌倉時代から「菖蒲」が「尚武」に通じることから、男児の成長と武運を祈願する祭礼となった。

端午の節句とは?? あなたは、説明できますか?


端午とは、月の初め(端)の午(うま)の日を意味する言葉で、後に「午」と「五」が同じ発音であることから、
「五」の日を意味する様になった。
平安時代には五節句のならいを背景に「端午の節句」が定着し、また菖蒲を軒にさして、邪気を祓ったことから、
「菖蒲の節句」とも称された。
鎌倉時代には「菖蒲」が「尚武」に通じることから、男児の成長と武運を祈願する祭礼になり、江戸時代には甲冑の揃いを
並べる様になった。

この壮麗な五月人形は一体如何なるものか???

古より極めて精緻なものとして知られた有職京ものは、王朝よりの美の本流と祈願の心を今に伝えている。

七代司 豊泉 島津欣也
京人形伝統工芸士
社団法人日本人形協会認定 節句人形工芸士
有職京ものは千年余の時を超えて受け継ぎ高める京文化の象徴です。その高雅な美の心を次代へ継承することが私たちの務めであり、また誇りです。六代・豊泉に師事し、節句人形を通じてお子様の寿ぎの祭礼にお仕えできることを何にも優る歓びとして、ただひとすじに心技を磨いて三十一年。世界各国へ文化の架け橋として寄贈させていただきました人形寄贈品の数々も心に残る作品となっております。これからも正当の美を極めるために、精魂を注いでまいります。

出典 http://www.kyoto-shimazu.com

お飾りの主な道具

屏風

太刀

大鎧(家紋入り鎧兜)

前飾り

菖蒲(しょうぶ)

粽(ちまき)

柏餅


を奉じている。

こんな、素晴らしい五月人形をもてば、男児の気運も上昇間違いないであろう。

有職五月人形
京都島津の五月人形には平安京よりの美の本流と祈願の心が深く息づいています。たとえば、壮麗な趣を際立たせる鎧兜。その美しさは「一に縅(おどし)、二に意匠」と讃えられています。歴史に培われた精緻華麗な縅の表情、金襴の西陣織の意匠などにも匠の技の冴えを見ることができます。また、兜鉢(かぶとの頭)・面頬(顔面の防具)・臑当て(臑の防具)は鉄板を丹念に打ち出し、鋲をもってカシメています。飾り金具の地金の厚さ、金物の彫りの精緻さなどは、京ものならではの伝統美が映える逸品です。

出典 http://www.kyoto-shimazu.com

ああ、なんてすばらしい至福の時。

この記事もDreamersで作成しました。

ランニングコストもかからない。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で